各種税金のスペシャリストが税理士!実際の仕事内容を知る

>

実は身近な問題?相続や贈与などの税相談

この記事をシェアする

税理士の経験とワザが光る相続税

相続については身近な問題ですが、皆さんご存知の通りこれには課税されることがほとんどです。
土地・家・金銭等、金額や価値によって莫大な納税額が課せられます。
これについて専門的にアドバイスしてくれるのが税理士なのですが、経験や知識が非常に問われる案件のようです。
実は、残された財産をどのように分配するのか?を決めなければ、税金の計算はできないのですが、この分配方法で課税額は数倍もの差が出るのです。

遺言等がありそれを必ず遂行する場合は別ですが、特に財産分与が遺族・親族等で決められていない場合、また迷っている場合、税制の立場から最もクライアント(この場合は相続税を納税する人々)に特になる、財産分与の提案をしてくれるのも税理士の仕事です。
この部分を税理士に相談した場合「ご家族で分配方法をお決めになってください」と言われたら、最も有利じゃ分配方法まで教えてくれるよう依頼した方がいいでしょう。

税対策を支援することも税理士の仕事

この相続の税金は、高い技術がある税理士は相続する側に、煩わしくなく、且つ節税の面からも相談を受けます。
実は相続税の税務調査(税務署からの調査)は約25%で入り、そのうち約82%が追徴課税になってるようです。

また、相続税申告書には書面添付制度というものもあり、税理士が税務署に代わり、納税者(この場合相続するもの)に質問したことをまとめて書面にて、申告書類と共に提出するもの。
この書面添付制度を利用すると、税務調査の立ち入りは6%台にまで引き下げられている実績があります。
この書面添付制度であれば相続側は直接税務署とやり取りすることなく、税理士が全て行ってくれます。この書面作成は相当相続税の申告になれている税理士でないと行わないようで、国民への認知度は低いです。

いずれにせよ、相続案件の税理士への依頼は、費用がかかります。
しかし、よい税理士の出会いは、費用以上の効果が得られるのは間違いないようです。


トップへもどる