各種税金のスペシャリストが税理士!実際の仕事内容を知る

>

税金すべてのことに関するプロが税理士

この記事をシェアする

個人事業者や個人に対する納税の手助け

税理士の主な仕事は、確定申告の時期の個人・個人事業主などが行う1年分の収入に対する税金の処理等があります。
「税務代理」「税務書類の作成」という、税理士にのみ許された仕事(独占業務といいます)を行い、個人・個人事業主を助けています。
始めにも述べましたが、日本は自主申告・自主納税を行っていますが、税法や計算等が煩雑な為、税に知識のない一般人が申告するのは非常に困難です。

多忙な事業主や煩雑作業が苦手な個人の納税に関する作業を、全て代行して行っているのが税理士です。
収入を計算し、税金額を計算し、必要書類を作成、その後税務署への申告など一連の作業を行ってれます。
また、その後の申告書類の不備や、問い合わせ等にも対応してくれるため、まさに税金の専門家といえます。

法人など会社単位での仕事内容

大きな会社でも、法人税などの納税がありますので、税理士等に会社が払うべき、1年分の納税額の計算・書類作成・申告等の代行はもちろんあります。
このほか、会社単位で行う税理士の仕事にはまた違った側面もあります。

例えば、納税申告書等について税務署が疑問を持ち、証拠書類の提出や事業所への立ち会い調査等を求める場合もあります。
その際、税理士はその証拠書類作成や立ち会いも応じ、クライアント(今の場合は会社のこと)の代理として税務署との一切のやり取りを行います。

また、納税額を確定するということは、当然会社の会計内容も詳細に知ることになる為、経営についての助言・それに伴う節税の助言も行うとこがあります。
大会社に対しては、経営に関する少し踏み込んだ助言も、税法を熟知した立場から行うようです。


トップへもどる