税理士は具体的にどんな仕事をしているの?

各種税金のスペシャリストが税理士!実際の仕事内容を知る

税金申告書などの作成はプロの税理士にお任せ

みなさんは、税理士と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
お金関係のお仕事であることは、読んで字の通り何となく想像はつくのではないかと思います。
また実際にはどんな仕事をしているのか?以外に知られていないようです。
私も今回詳しく調べてみると、意外と自分の生活に密着しているお仕事をしているのだということが分かりました。
端的に税理士の仕事を表現するならば「各種税金の申告・相談などのプロ」と言えるでしょう。

税理士の仕事は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」が主なものと言われています。
「税務代理」「政務書類の作成」とは、所得税や法人税、相続税や贈与税など税務署への申告など、本人などに代わって行ってくれる仕事です。
これらの税金は自分で申告し、自分で納税するものです。
しかし、自身で作成するには煩雑すぎますし、なにより、税法が改定になるたびに、それに沿っての申告が必要になります。
一般人には、先ず困難な仕事でしょう。
その税務署への、申告・書類作成等を一手に担い、トータルサポートするのが、税理士の仕事です。
その後、税務署から申告書等の不明な点の問い合わせなどにも対応してくれ、申告漏れなどがないように支援してくれます。
悪気があって、脱税する方も中にはるのかもしれませんが、日本の税制・税法は複雑・難解な為、申告ミス等があると、報道で取り上げられる脱税報道につながるのです。

また、相続税・贈与税等について専門的にアドバイスしてくれるのも税理士の仕事です。
報道等にもあるように、相続税などは近年、税金が課せられる金額等の変更もあり、熟知していなければ、膨大な税金を払わなくてはならない場面に遭遇するかも。
税理士は、それらの適正な処理等についても助言してくれます。

このように考えると、税理士の仕事って実に生活に密着したものですね。

税金すべてのことに関するプロが税理士

税金と聞くと、消費税や所得税などすぐに思いつく税金もあるでしょう。 そのほか、フリーランスで働いている方でも、自身の収入について税金を払う機会も多いと思います。 何せ、国民の義務の一つが税金を納めるという「納税の義務」ですよね。 納税する私たちを、税理士はどのようにお手伝いしてくれるのかを少しお話します。

実は身近な問題?相続や贈与などの税相談

私も既に頭の痛い問題がありますが、相続などの問題です。 まだお若い人には、実感がないかもしれませんが、いずれどなたにも大小なりとも降りかかってくる問題ではないでしょうか? これらのことに、税理士がどのように関わり、助けてくれるのかをお伝えします。

税金の講師や成年後見制度もこなす幅広さ

整理士の仕事は、税金に関わる広範囲な部分で活躍することが分かりました。 それが、租税に関する講師や成年後見に関する仕事のようです。 税務に関することを、広く・正しく知ってもらう活動等についても、お伝えしたいと思います。 講演場所や内容、また成年後見制度のどの部分に関わっているのか、お知らせします。

おすすめリンク

相続税は税理士に相談

相続税の手続きは複雑で面倒。自分で調べて行うのが不安なら、税理士に相談するのが安心です。

トップへもどる